BunDoku哲学カフェ

大分朝読書コミュニティBunDoku主催による「BunDoku哲学カフェ」の公式ブログです。

Posted by シミズ on   0 comments

はじめまして!

BunDoku哲学カフェのファシリテーターを務めますシミズです。

BunDokuという「大分朝読書コミュニティ」は始動からはや一年以上が経ち、

参加者も述べ300名を越える規模の読書会となりました。

現在でも毎回初参加者がお越しになられていて、

募集をかければすぐに定員オーバーになってしまう盛況ぶりです。

運営をされているアキヒサさんも毎回工夫されて、

BunDokuもいろんなバージョンで楽しめるよう、次のステージに入っているようです。



僕自身もBunDokuの常連なのですが、一冊の本をめぐって参加者と話しているうちに、

ひとつのテーマや問題点などが浮かび上がり、熱く考えを語り合うことが多くなりました。

ですが時間制限のためどうしても消化不良になってしまうことが多く、

もっと一つのテーマについて時間をかけて考え、

対話をする場を持ちたいと考えるようになりました。



偶然にもBunDoku関係者の中に哲学を学んだ者が数名いまして(!)

一緒に食事などをしているうちに

「哲学カフェやってみたいよねー」みたいな話になりました。

そういう軽いノリがきっかけと言えばきっかけでしょう。



そんなノリで集まった4人は皆それぞれ多忙の身でしたが、

スケジュールの都合をつけながら打ち合わせを重ね、それぞれの社会経験や特性を活かし、

テーマやコンセプトのこと、お金のこと、会場のこと、広報活動のこと、

フライヤーのデザインや当日の進行のことなど協議をし(この過程も楽しかった!!)

第一回のBunDoku哲学カフェの開催への道筋をつけることができました。




BunDoku哲学カフェとは何なのか、僕にも分かりません。

対話というものが何なのかも、正直分かりません。

みなさんと2時間の時間を共有しながら浮かび上がってくるものをとらえて、

一緒に考え、言葉にしていきませんか?

対話は先ず以て「人は人、私は私、あなたはあなた」を超えていくものだと思います。

対話の先に初めて見えてくる風景を私自身とても楽しみにしています。




このブログは運営者のレポートであると同時に、参加者の意見や感想、

対話の続きの場としても活用していきたいと考え開設しました。

遠慮なくコメント等いただけると嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします。



スポンサーサイト