BunDoku哲学カフェ

大分朝読書コミュニティBunDoku主催による「BunDoku哲学カフェ」の公式ブログです。

スポンサーサイト

Posted by シミズ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【開催案内】第36回 BunDoku哲学カフェ

Posted by シミズ on   0 comments

36tetsu.jpg

おかげさまで、BunDoku哲学カフェは3年目をむかえます。

BunDoku哲学カフェは通常のBunDoku読書会からスピンアウトした企画で、

読書会とは違う、ひとつのテーマを軸にもっと深く考え対話できる場を

つくりたいという思いで、何人かの有志が集まって立ち上げた会です。

現在はホルトホールを中心に月1回程度のペースで開催しています。

僕の知る限り全国で哲学カフェは90くらいの団体があり、

大学内で完結しているものや社会人向けのもの、女性限定のもの、医療系のもの、

哲学書を読んでいくもの、性愛についてだけ語るもの、

ネットの掲示板やウェブカメラを利用したものなど、その運営スタイルは様々で、

最近はテレビなどでも取り沙汰されたりして注目度があがっていますが、

継続してコンスタントに開催している所は意外に少なかったりします。

主催者側の熱意もありますが、そもそも参加してくれる人の一定の支持がなければ

続けるのは難しく、都心ならともかく大分という地方で、

〈対話〉というものにどれだけ興味をもっている人がいるのか分からず、

発起当初は正直ここまで続けられるとは思っていませんでした。

でもいざ開催してみると毎回多くの参加者と初参加者の方々が途絶えることなく

集まってきてくれて、それが励みになるとともに、いったい哲学カフェのなにが

人を惹き付けるのか長年疑問でもありました。

またある主婦の方から「子育てをしていると大人の人と話す機会がないので参加しました」

という声を聞いたときに、単なる同好の場ではない哲学カフェの社会的な意義や続けていく

使命感すら覚えた次第です。

そこで今回のテーマは「有意義な哲学カフェ〈対話〉とは」とし、

哲学カフェあるいは対話そのものについてみなさんと語っていければと思います。

今回は哲学カフェの入門篇にもなるかと思うので、哲学と聞いて難しいと思っている方や

興味はあるけど今まで尻込みしていた方にも参加していただけると嬉しいです。

聴くだけの参加でも構いませんよ。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。